Page:  1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
SWTV COMRADE ブログが一新!!
こんにちは、SWTVでウェブ制作を中心に担当しているヨシダです!

今後このブログは、SWTVのスタッフが集い、製作現場だけでなくそれぞれのライフスタイルを公開していくような、もっとあなたに身近なブログに生まれ変わります!

ブログの記事はSWTVスタッフ全員で盛り上げていく予定です。
お楽しみに。


SWTV web制作担当&イラストレーター ヨシダ
| swtvcomrade | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
バリ取材日記
Writer Ikuko.A




ハイビスカス絵バリ取材日記ハイビスカス絵
バリ取材日記01SWTVスタッフがバリで取材中出会った
素敵な人たちを紹介します。

ハイビスカス絵バリ到着ハイビスカス絵
バリ取材日記02朝11:00大阪を出て今年2度目のバリに着いた飛行機
前回はサヌ−ルだったけど今回は乾季なんでこっちの方が波がいい。夜、サヌールに住む友人ゆうこと待ち合わせて3ヶ月バリにいるサチ、マドカのボディーボーダーも一緒にカンパイビール
ビンタン・アラックがおししいラッキー南の島に着いた!って感じ波



バリ取材日記03バリ取材日記06バリ取材日記07バリ取材日記08バリ取材日記04バリ取材日記09

ハイビスカス絵クタビーチハイビスカス絵バリ取材日記10
クタのハーフウェイでみんなで波乗り波 浜辺でバリの物売りのおばちゃん達が
集まってくる。「お土産買ってぇ〜」
タバコケースに財布にミサンガ
「かわいい」いっぱい買おうとすると「5000ルピア〜」「高い汗じゃ〜やめる」
値段交渉しているうちに「2500ルピア−」さすがバリ、これで安心ニコニコ
ビーチの荷物は見てくれる。


ハイビスカス絵おまつりハイビスカス絵

126おまつり127おまつり129おまつり

昼過ぎビーチを獅子舞と仮面をかぶったかわいい女の子カメラを向けると
人なつこく寄ってきてニコッと笑うバリの子供はみんなかわいいラブラブラブ

ハイビスカス絵バランガンハイビスカス絵
155バランガン日本のバリ料理店で働いているバリニーズの友達マディの紹介で
元プロサーファーのガイドのリッチ−と共にバランガンへ

バランガンビーチゴルフ場の中を入っていくと
牛やにわとりが道を横切るジョギングプシュー


144バランガン142バランガン
『わ〜このロケーション!』下に海、左上にゴルフ場、白いパラソル
プライベートビーチみたい こんな素敵なビーチがあったんだ〜ぴかぴかぴかぴかぴかぴか

160バランガン226バランガン227バランガン232バランガン

ハイビスカス絵リッチーハイビスカス絵
ショートボードでバンッバンッてターンしながらすべって行く。さすが元プロサーファー!!
上手です拍手

ハイビスカス絵ヒロハイビスカス絵

浜辺にあがるとリッチ−が指さして騒いでる「ヒロだよ〜、あれヒロだヨ〜」
波乗りはじめて1年「エッ?」すごい波の地めんターンしてる、こいついつの間にかうまくなってる。手をたたいて飛び上がって喜んでたらビデオを撮る暇なかった、ゴメンムニョムニョ

156ひろ157ひろ158ひろ152ヒロ
ハイビスカス絵secret gardenハイビスカス絵
http://homepage3.nifty.com/balisurf/

secret gardenバンガローのオーナー大原さんと浜辺でお話
波情報のホームページ、毎日流してるんだって。今度泊まりに行きます!


ハイビスカス絵OGのブライアンハイビスカス絵

bari-132いかついけど 凄くやさしいケガをしても
パワフルにロングボードでいい波をメイク!!
(あだ名:ツコミブライアン)
大きい波にどんどんツッコンでいたグッド




ハイビスカス絵あっ!たくろうさんハイビスカス絵

bari-151蝦名拓郎  エビナタクロウ
1964年9月11日生まれ
茅ヶ崎出身
サーフ歴27年


サラリーマン生活(塾)を突如辞め夢を求め放浪を始める
http://members.aol.com/takurobali/page002.html

今日も朝から海に入ってたんだ〜。このバランガンで
ココナツハミングバードというバンガローを作って4年、朝昼夜
この自然の中で思いのまま自由に生活してる彼は、メローであったかい。
放浪の旅の末、8年前にバランガンビーチと出会う。
村人の協力を得てサーフバンガロー”ココナツハミングバード”を建てたどんっ工具
ゲストと共にサーフィンを楽しみながらバンガローを経営する。


bari-177bari-178bari-205bari-215bari-219

夕方、たくろうさんのバンガローに座り込んで話を聞く。
見知らぬ土地でこのバンガローを創りあげるまでのエピソード。
感激。そうしてるうちに・・・
bari-223


ハイビスカス絵ゆっくり夕日がインド洋におちていくハイビスカス絵
ゆったりとした時間が流れてく

bari-153bari-163bari-165bari-169bari-173

この広い敷地内ローソクと星の明かりだけ。なんてきれいな星なんだろうぴかぴか
聞こえるのは波の音。本当の贅沢ってこんな感じ。ここに来て良かった!ってほんとに思った。


ハイビスカス絵ドリームランドハイビスカス絵
214243241
246258197
このビーチは華やかぴかぴかセクシーなお姉さんがいっぱいラブこの日、日本人は私達だけ。
ここは白人のバカンスに来てる人が多いみたいで、まさに男どもにはドリームランドラブラブラブ

271188261278


1931 ビンタン1本とタバコ1本でボード預かってくれた陽気なワャンじいさん喫煙ビール

1792 横浜からバリに1人で来て1ヶ月。
サイレントサーファーヤス。


1843 リップカール・ボルコムの大会のチャンピオン
見事な波乗りを見せてくれたシャイな17才メガ。



ハイビスカス絵KAZUハイビスカス絵
300429072952
ダブルオーバーの大きな波、浜辺で見てたら1人だけ乗ってくる波。リッチーが「あっKAZUだ」
ヒロが「わぁ〜すげ〜」その声にビーチの人たちも手を叩いてる。すごい、あんな大きな波にのってるよ〜、見ててドキドキしたぁ。
さすがKAZUちゃん目に焼きついたァーウィンク


ハイビスカス絵IKUKOハイビスカス絵
ドリームランドはメローな波でロングボーダー向け。郁子でも大丈夫だよとリッチーついてもらって沖にパドル波ウソつけ!!
この波 私の前でつぶれたらどうするねん 、もう心臓ドキドキしてる〜ラブ、でも波のつぶれない
所選んででていける。少し沖から1本だけいままで1番大きい波を長くのれたラッキー
でもこわくてビビッたヨ〜:]。もっと小さい波がいい(サイズ胸ぐらいでした)


ハイビスカス絵エステハイビスカス絵
最後の日女の子だけでエステへぴかぴか。バリラトウでオイルマッサージ。ボディーヨーグルトパック、お花浮かべたバス温泉
やきすぎた肌もツルツルピカッピカッ。髪はシロダーラ温めたオイルとミケン(第3の目)にたらす。
バリのスパは安くて丁寧。最高の気分:]ぴかぴかぴかぴかぴかぴか


ハイビスカス絵PSハイビスカス絵
いつまでも手を振ってくれた海辺のおばちゃんありがとーラッキー
Bariの波波、たくさんの人の笑顔わーい、また秋に、今度はサヌール行きます。
バリの音楽ってやっぱりコレ音楽!!
256259260

後で疲れてビデオカメラカメラ空港でわすれたおばかなKAZUちゃん

ラスティと妹さん、奥さんは日本人。
220

ここのアクセサリーはかわいくて指輪思わずソク買い!
アクセ

BY Ikuko.A
| swtvcomrade | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
a encounter the sea
Writer Kazu.Y


ホテルホテル到着
"梅雨の日本を離れ、いざ波を求めてバリに!
飛行機で6時間少々我慢をし、ホテルに着いたのは7時ぐらいか?
着くと同時に落ちついたのか?急にお腹が空いたので近くの店でビンタンビール大ビンを3本、サティ−、ナシゴレンを食べて今日は明日に備え、眠りの世界へ、、、、、、



リッチーと山下リッチーと山下
セラマパギ−!朝一番ガイドのリッチ−が車の中でニコニコして待機?なぜにいやにニコニコしてたのかは?後で納得!
『バランガン(ポイント名)波いいよ!』といいながらボードを乗せ、早速出発した。
しばらく車を走らせると丘の頂に到着!



バランガンの海とビーチバランガンの海とビーチ
丘から一望できる。すばらしい!ビーチ、家、ポイントが、、、。波は、、、、、!見える見える、サイズはなんとも判断できないがGOODWAVEみたいだ。
車で下っていくと、きれいなビーチが見えてきたではないか!着くと体が自然に海に向かっていく!パドルアウトをしてポイントに近づいていくとサイズ的にはオーバヘッドセットはもうひとこえぐらいで、今年一番の波。何本かライディングをしてなれてきた時、リッチ−の大きな声が!『kazu イイ波』と



友人とGO友人とGO〜!
今回の旅の道連れにはサーフ暦1年のヒロ君(略名)という後輩と同行!
年齢の差は25歳も違うが、海ではまだ負けてはおりません。
いざ、二人ともサーフポイントへGO!



大きいセットget大きいセットGet!
波にあわしてパドルをはじめ、テイクオフすると思ったよりデカイではないか!レイトであわせたが、ほれかたが、、、。後は海に投げだされ、スープにグシャグシャにされてしました。
気を取り直してパドルアウトしていくと、今回一緒に同行してくれたリッチ−が今回一番の大きな波に乗ってきた。凄いスピードで抜けて、リップ、カットバッグを繰り返してのライディングを披露。『こいつ めっちゃ うまいやんか〜』と思いつつ、その場は波乗りに没頭する。後で聞いたら元プロサーファ−やったと、、、。納得!



バランガンの夕日バランガンの夕日
海の上で、波待ち時はお互いの事を話したりして しばらくサーフィンに没頭していた。
原稿F 陸にあがった時に一枚!がこの写真
夕方 ビンタンビール片手に飲みながらきれいな夕日をながめてつい叫んでしましった。バランガン バグース



日本から離れて気分転換!BY KAZU
| swtvcomrade | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

Profile

金岡 直樹
金岡 直樹
(かなおかなおき)

片野 透
片野 透
(かたのとおる)

AND MORE!
その他のSWTVスタッフ紹介はこちら

Search

Entry

Sponsored Links

Profile

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode